赤ちゃんって花粉症になるの?赤ちゃんが花粉症にならないためにできること

毎年春になると多くの人が花粉症に悩まされます。鼻詰まり、目のかゆみ、咳やくしゃみ、微熱、倦怠感など花粉症の症状は様々です。大人は病院で薬の投薬など治療を受けることができますが、もし赤ちゃんが花粉症になったらどうなるのでしょうか。こちらでは赤ちゃんは花粉症になるのか、赤ちゃんが花粉症にならないためにできることがあるのか、調べてみました。

花粉症

赤ちゃんは花粉症になるの?

生まれたばかりの赤ちゃんは外出の機会が少なく、花粉に接することがないので花粉症を発症することはありません。花粉症はアレルギーの一種で体内に入った花粉を異物だとみなしてそれを排出するために様々な症状が現れるのです。1,2歳になり、おでかけが増えると花粉症になる赤ちゃんも。最近では花粉症の低年齢化が進んでいるようです。

症状

赤ちゃんの花粉症の症状としては、鼻水、目のかゆみ、くしゃみ、まぶたの腫れなどがあります。最初は風邪かなと思っても症状が長引く場合には花粉症の可能性があります。

検査

赤ちゃんの花粉症検査は血液を採取してアレルギー数値を測るアレルギー検査や鼻の粘膜の状態を検査する鼻鏡検査などがあります。ただ、1,2歳の赤ちゃんは検査を嫌がったり、正確な数値が出ないこともあるので検査はもう少し大きくなってからがいいかもしれません。

治療

赤ちゃんの花粉症治療には抗アレルギー薬などが用いられます。そのほかは鼻づまりには点鼻薬、目のかゆみには目薬など対処法となります。鼻づまりなどが続くと中耳炎や副鼻腔炎を引き起こすこともあるので早めの治療が必要です。まずはかかりつけの医師に相談しましょう。

赤ちゃんが花粉症にならないためにできること

赤ちゃんが鼻詰まりや目のかゆみで苦しんでいるのを見るのは辛いですよね。できるだけ赤ちゃんが花粉症にならないように、症状が出ないようになにかできることはあるのでしょうか。

赤ちゃんが花粉症にならないためにできること

●外出を控える
●花粉が付着しやすい素材の衣服を避ける
●帰宅時には付着した花粉を落とす
●洗濯物を屋外に干さない
●掃除をこまめにする
●花粉症に効く食べ物を積極的に取り入れる
●加湿器を使う

赤ちゃんの花粉症対策グッズ

2WAY 抱っこ紐ケープ ウィンドブレーカー&レインカバー

抱っこ紐とベビーカーで使える2WAY使用。 生活防水生地なので、雨や花粉、PM2.5などの有害物質から赤ちゃんを守ることができます。アウトドア製品に使われる軽量生地なので約180gと軽く、装着してもママにも赤ちゃんにも負担が少ないのがうれしいですね♪

【正規代理店】防水 軽量 お出かけの強い味方 PEEKERAオリジナル レインケープ

オリジナルラップ式ウインドカバー。 防水機能で雨に強く、花粉・PM2.5などからも赤ちゃんを守ることができます。ベビーカー、全ての抱っこ紐に対応です。

超 撥水で花粉が付かない!≪ユグノー ポランナケープ≫

花粉がつきにくく、落ちやすい生地「アンチポラン(R)」を使用した抱っこひも。
ベビーカーや授乳ケープとしても使用できます。
サラッとした生地は花粉が付着しにくいので家への持ち込みも激減!(スギ花粉が対象)内側の生地は「ひやっ」としてさわり心地がいい「クールイン(R)」を使用。透湿性があるので蒸れにくく、快適に過ごせます。

「アレルガード」 お昼寝布団カバー 防ダニ 高密度生地 選べる8サイズ

アレルガードの布団カバーは凹凸の少ない生地で花粉の付着を防止します。
ほこりや花粉が手で払うだけでさっと落ちます。また繊維のすき間が小さいので花粉やほこりが中にはいりにくいのが特徴です。
アレルガードは厳しい検査をクリアした商品です。

べビー キッズ べビーマスク キッズマスク マスク オーガニック

こちらは農薬や化学肥料を一切使っていない100%オーガニックコットンで製作されたマスクで肌触りが良く敏感肌のお子さんも安心して使用できます!
工夫された縫い方により、窮屈さを感じず顔周りをしっかりガードします。
自由自在に長さを調節することができます。

やわらかタオル100%コットンドライ100枚入【花粉症】【敏感肌】

ママと赤ちゃんにやさしいお肌ふき。
水にぬらしても、破れにくく毛羽立ちもありません。
バインダー(接着剤)不使用で、お肌に安全。不織布ガーゼタイプ。水にぬらしても、破れにくく沐浴用ガーゼとしても。
取り出しやすいBOXタイプ。
サイズ:24cm×20cm。100枚入

ママの声から生まれた ベビーカーカバー  ファブハグ

雨・風・寒さ・花粉からお子さまも守るA型・B型ベビーカーに使用できるベビーカーカバーのご紹介です。
透明素材で視界が良好、雨や風が入りにくいシルエット、通気性抜群でムレない、裾はベルトで固定しているのでファスナーを開けてもサイドがひらひらしません。

まとめ

花粉症の苦しみは大人の私たちは重々わかっていること。赤ちゃんにそんな辛い思いはさせたくないですよね。赤ちゃんが花粉症にならないようにしっかり対策することが大事です。ポイントはとにかく花粉を体内に入れないこと!外出時も家の中でも注意してあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています