妊娠中でもコーヒー・紅茶を楽しみたい!ノンカフェイン飲料のススメ

デカフェ・ノンカフェイン・カフェインレスの違いって?

デカフェ・ノンカフェイン・カフェインレスの違いって?
一見同じように見える3つの表記。
言葉が違うからにはやっぱり意味が違うのです。
何が違うのかというと、実は少しずつカフェインの量が違います。

細かくいうとこんな感じです。

デカフェ もともとカフェインが含まれているものからカフェインを取り除いたもの。カフェインは0ではなくごく少量含まれています。
ノンカフェイン カフェインが全く含まれていないもの。カフェインフリーともいいます。
カフェインレス カフェインが含まれているものの、ほんの少しだけしか含まれていないもののこと。

カフェインの量の比較すると、を覚えやすくするとこんなイメージですね。

デカフェ=カフェインレス>ノンカフェイン

一切カフェインが含まれていないのはノンカフェインだけです。

カフェインを含む飲み物は、妊娠中に飲んでもいいの?

カフェインを含む飲み物は、妊娠中に飲んでもいいの?
ノンカフェインやカフェインレスといった飲み物は沢山あるものの、やはりカフェインの入った飲み物も飲みたい…。と考えている妊婦さんは多いのではないでしょうか。
そもそもなぜ妊娠中はカフェインを控えるべきと言われているのか?どれくらいなら飲んでもいいのか?という点が気になりますよね。

カフェインの摂取量が多いと妊娠中に色々な悪影響が起きる

アメリカの研究ではカフェインを1日200㎎(コーヒー約2杯分)摂取する人と全く摂取しない人では流産の確率は2倍になったという研究結果もあります。

その他にも、カフェインは妊娠中に非常に大切なカルシウム・鉄分などの栄養素の吸収率を低くしてしまいます。
血管を収縮させてしまう作用は胎盤の血流を悪くすることに繋がり、胎児に栄養を十分に送ることができなくなるとも言われています。

カフェインは1日100㎎まで

カフェインは妊娠中の身体に悪影響を与える可能性がありますが、1日に100㎎までの摂取なら特に問題はないとされています。
これは欧州食品安全機構という機関が定めた摂取しても安全だと言われているカフェインの量に記載されている数字です。
過剰に摂取するのを控えればOKなので、コーヒーや紅茶を全く飲んではいけない、ということではありません。

飲み物100mlあたりのカフェイン量チェック

  • コーヒー 60㎎~100㎎
  • ピュアココア 10㎎
  • 玉露 160㎎
  • 紅茶 30㎎
  • ウーロン茶 20㎎
  • コーラ 15㎎

100㎎までが目安となるのでコーヒーなら1日に大体1杯くらいまでなら安心です。
紅茶はその倍くらい飲んでもOKと言えます。

カフェインを含む飲み物を飲むときの注意点

カフェインを含む飲み物を飲むときの注意点
わざわざ100㎎を計算するのは大変なので、「コーヒーは大体1杯くらいまでなら大丈夫」と思っておけばいいでしょう。
しかし妊娠中の摂取は他にも注意しておきたい点があります。

妊娠初期は特に要注意

妊娠初期は赤ちゃんの脳やせき髄といった特に重要な器官を形成する時期です。そのためしっかりと栄養を送りたい重要な時期であると言えます。しかし体調を崩しやすかったりつわりなどで栄養を十分に摂取できない時期とも重なっています。

だからこそ、カフェインの過剰摂取で胎盤の機能を低下させてしまうことは避けておきたい大切な時期となります。
とくに妊娠初期はカフェインを控えるように心がけておきましょう。

カフェインが与える影響には個人差がある

カフェインを飲んだ時の身体の反応には個人差があります。
日本人はカフェインに弱いという人が多いと言われています。
一般的に言われている健康に問題のない量でも、カフェインに弱い体質の方の場合は頭痛や不眠といった症状が出ることもあります。

もしカフェインの摂取目安量を超えていないのに、何か不快な症状が出た場合は量を減らして対処しましょう。

沢山飲みたい人にオススメのノンカフェイン飲料5選

1日にコーヒー1杯じゃ絶対に足りない、もっと気兼ねなく紅茶を飲みたい!という方も多いでしょう。私自身も仕事中は絶対にコーヒーが欠かせませんし、常にそばに置いてあるので1日1杯までなんて到底無理です。

そのため、妊娠中・授乳中はカフェインレス飲料を沢山購入してストックしていました。最近のカフェインレス飲料は味も美味しくて言われなければカフェインレスだと解らないものばかりです。
中でも特におすすめの5つをご紹介します。

①澤井珈琲 カフェインレスドリップバッグコーヒー100袋入り

参考価格 3,402円(税込)

コロンビア産の高級豆を使用した上品な香りと味わいが楽しめるドリップコーヒー。100袋もあるので長く楽しめます。カフェインレスとは思えないほど香りと味がいいので特にオススメです。カフェインのみを9割以上カットしています。

レビュー

のアイコン画像
自分はもっぱらブラック派なのでこのままいただきます。
薄目でもカフェインレスでこれだけのお味でしたら、十分満足していただけます。
妊娠期間は大活躍間違いなしでしょう!
ガマンすることなく大好きな珈琲をいただけるのが、私にとっては何よりです。

②UCC おいしいカフェインレスコーヒー ドリップ50杯分

参考価格 2,100円(税込)

ママさんの間では特に人気が高く、SNSや雑誌でも紹介している人が多い人気のコーヒー。味がとにかくおいしくて香りもいい!カフェインは97%カットされています。

レビュー

のアイコン画像
授乳中のため、なかなか好きなコーヒーを飲むことが出来なかったのですが、こちらの商品を見つけて注文してみました。あまりカフェインレスコーヒーは口に合わなかったのですが、こちらはとてもおいしく頂けました。

③オーガニックルイボスティー 101個入

参考価格 1,000円(税込)

細胞を老化させる原因にもなる活性酸素を抑える作用があると言われていて人気の高いルイボスティー。私も大好きで色々なルイボスティーを飲んできましたが、このオーガニックルイボスティーが一番美味しいのでオススメ。コスパも高くて良いですね。安心のオーガニックなのでヘビロテしています。

レビュー

のアイコン画像
ティーライフさんのルイボスティーって、
他店のより美味しいと思うのは気のせいだろうか?
いや、ちがう!
確かにこのルイボスティー、茶葉の味が濃くて美味しいな。

④カフェインレス紅茶 ダージリンFOP100%

参考価格 870円(税込)

妊婦向け雑誌でも紹介された人気の紅茶。紅茶はやっぱりダージリンが好き!という方には特にオススメ。カフェインを除去していて残留率は0.2%未満なので安心。味も十分に美味しいので1日のティータイムに最適。牛乳を入れてミルクティーにしても美味しいです。

レビュー

のアイコン画像
カフェインレスとカフェインありの違いがよく分からないぐらい、紅茶欲を満たしてくれています。
3袋買いましたが、おいしかったので一つは友人の妊婦さんにプレゼントしました。授乳期も愛用するとおもうので、またリピします。

⑤どくだみ入り たんぽぽ茶ブレンドポット用30個入り

参考価格 1,296円(税込)

妊婦さんはもちろん、授乳中のママさんにも良いと人気の高いたんぽぽ茶。そのなかでもどくだみ入りのこの商品は特に人気があります。私の周りのママさんの間でも母乳を沢山出したいからとたんぽぽ茶を毎日飲んでいる方が多いです。お茶のカフェインも気になるという方は、妊娠中はこういったノンカフェインのお茶がオススメです。

レビュー

のアイコン画像
4人目妊娠中。便秘に悩み、手の指のむくみもすごくて、妊婦でも飲めて授乳にも良いとのことで初めて購入してみました。
むくまないということはありませんが、かなりむくみが軽減されました。一番びっくりしたのが便秘が解消されたこと!

まとめ

カフェインは一定量であれば身体への問題もありませんし、安心して飲むことができます。ですが沢山飲みたい、妊娠中でも量を気にすることなくコーヒーや紅茶を楽しみたいという方はカフェインレスの飲み物を選ぶことをオススメします。

個人的にもカフェインレス飲料は以前に比べて美味しいものが増えたと感じます。以前はカフェインレスだと高いことも多かったのですが、コスパがいいものも沢山ありますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています