ベビーカーの暑さ対策は必須!夏のおでかけにオススメのグッズ8選

夏のベビーカー移動は意外と大変ですよね。
赤ちゃんは大人に比べて体温調節機能が未発達であるうえ、直射日光があたるだけでなく、地面からの照り返しも強いので、しっかりと対策をすることが必要です。
今回は赤ちゃんを熱中症にさせないために、お出かけする際のベビーカーの暑さ対策グッズをご紹介します。
夏場ベビーカーに乗る赤ちゃん

ベビーカーはどのくらい暑い?

そもそも赤ちゃんは体温調節機能があまり発達しておらず、おまけに汗っかきです。
さらに、ベビーカーの座席は低めであることが多く、地面からの距離も近くなっています。そのため、体感温度は大人よりも高く、環境省が提供しているデータでは、暑さ指数が平均0.1〜0.3度高くなるとも言われています。
風がなく、日射が強い時には2℃以上差が出ることもあります。

暑さ対策はいろいろ組み合わせるのがベター

大前提として、日差しが強くなる10〜14時にベビーカーでのお出かけは避けましょう。
どうしても外出しなければならない場合は、日よけをし、扇風機や保冷シートなどを併用した方が良さそうです。
シチュエーションに合わせてグッズをチョイスするのもいいですが、暑い時には多めに準備をしておくと、快適に過ごせそうです。

また、赤ちゃんは汗っかきなので熱中症や脱水症状をおこさないようにするためにも、水分補給は必ずするようにしましょう。

暑さを乗り切るベビーカー用対策グッズ8選

ひえぽかサポートクッション

凍らせても固くならない保冷剤がセットされている保冷シートです。
冬はお湯で温めることもできるので、一年中活躍しそう。
ヘッド部をはずせば抱っこひもにも取り付けられるので、一つあるととても便利です。

ひんやりUVケット

UVカット機能がついたブランケット。
日よけになるだけでなく、肌にふれるとひんやりする「接触冷感」タイプなので、お散歩も快適。
長さもちょうどよくベビーカーのタイヤに巻き込まれることもありません。

クール・ミー ベビーカー専用さらさらシート

メッシュ→断熱素材→メッシュという三層構造になったシート。空気の流れをよくするので、体から出る熱を逃がし、背中をさらさらに保ってくれます。
保冷剤ではないので、冷やし過ぎも防いでくれます。

シンセ〜インターナショナル ベビーカー 照り返しガード

ベビーカー の背面に取り付けるだけで、路面の照り返しを防ぎます。
特殊形状のベビーカーには使えない場合があるので、購入前に確認しましょう。

ユグノーシャダンシート

遮断効果とUV効果のあるシート。
遮熱効果が高く、体感温度を3度下げる効果があるので、一つ持っていると便利。
伸縮性のあるストラップがついているので、どんなベビーカーでもOK です。

おでかけ扇風機 ストローラーファン

クリップで固定できる電池式のポータブル扇風機。
胴体はジャバラ式になっているので、自由に角度を変えることができます。目の細かいカバーがついているので、安全性にも配慮されています。

クリップファン 赤ちゃん扇風機

USBに対応しているのでモバイルバッテリーでも充電が可能。
ハネはスポンジ製で怪我をしにくいつくりになっています。
巾着がついているのでベビーカーにぶらさげておけば便利ですね。

アニマル扇風機

コンパクトなのにハイパワーなミニ扇風機。強力なモーターで爽やかな風を送ってくれます。
乾電池式でコードレスなので、どこでも使えます。

まとめ

お出かけの際の暑さ対策をしないと、赤ちゃんが不機嫌になるばかりか、熱中症になってしまう恐れもあります。
いろいろなグッズを試してみて、赤ちゃんが快適に過ごせそうなものを組み合わせて使ってみてください。グッズを活用して、赤ちゃんを暑さから守ってあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています