【2021最新】赤ちゃんの肌の乾燥対策やケアに!選び方とおすすめの保湿剤9選

赤ちゃんの肌は薄く、とてもデリケートなもの。
冬でなくても乾燥しがちなので、保湿が必要です。
夏の終わり頃からこまめに保湿をするようにしましょう。
今回は赤ちゃんの肌のケアや保湿の方法、保湿剤の選び方などをご説明し、おすすめ商品を紹介します!

保湿

赤ちゃんの肌の状態とは?

赤ちゃんの肌は毎日変化しています。
生まれてからの肌の状態を知っておきましょう。

新生児

生後1ヶ月くらいまでは、皮脂がたくさん分泌されて、少し脂っぽく見えるかもしれません。
ニキビに似たような発疹が出たり、赤みが出たりすることもあります。

生後2〜3ヶ月

この頃になると、皮脂の分泌が急激に減ります。
天然保湿成分のアミノ酸なども少ないので、肌の水分が保持しにくくなります。そのため、バリア機能も弱くなります。

幼児期

赤ちゃんにも大人と同じくらいの汗腺があります。体の面積が違うのに、同じ汗腺の数なので、赤ちゃんはよく汗をかきます。そのため、あせもなど肌トラブルが起きやすいです。

赤ちゃんに肌に使える保湿剤の種類

保湿をしたい場所や期待する効果などによって、使うものを変えるといいでしょう。

ローション

化粧水や乳液タイプのサラサラとした感じのものです。
塗りやすいので、全身など広い範囲に渡って使えます。

クリーム

ローションよりも粘度が高いので、保湿力が高いです。口のまわりなど、特に乾燥しやすいところにつけるのがおすすめです。

オイル

肌を保護してくれるので、汚れを拭き取ったり、ベビーマッサージに使ったりできます。

軟膏

油脂性と水溶性があり、油脂性は保湿力が高いです。

保湿剤を選ぶ際の3つのポイント

保湿剤を選ぶときのチェックポイントをお伝えします。

・添加物の入っていないもの
赤ちゃんの肌は弱いので、無添加で低刺激のものにしましょう。

・季節に合わせる
乾燥が強い時にはクリームタイプ、夏はローションタイプにするなど、季節によって変えてみましょう。

・手早く塗れるかどうか
動きたい赤ちゃんにすばやく塗るために、片手でとりだせる、伸びがよいなどの保湿剤を選ぶと便利です。

正しい保湿の方法とは

1 肌を清潔にする

上記でご説明したように、赤ちゃんの肌はデリケートで汚れやすいので、まずは、肌を清潔にしてあげましょう。
お風呂では、汚れがたまりやすい脇の下や耳の後ろ、股部分などをしっかり洗いましょう。
ベビーソープなどを使った後は、しっかりと洗い流しましょう。

2 顔の中心からなでるように

保湿剤を手にとったら、顔の中心からまんべんなく塗り広げてあげましょう。
目のまわりや口のまわりなども忘れずに。

3 指ではなく手のひらで

体に塗るときは、手のひらを使ってゆっくり広げるようにしましょう。

☆お風呂のあとだけでなく、汗を拭いたあとや口のまわりを拭いたあとなどは肌が乾燥しやすいです。こまめに保湿をするようにするといいでしょう。

赤ちゃんにおすすめの保湿剤9選

パックスベビー ボディークリーム 50g

赤ちゃんの皮脂に含まれるパルトミオレイン酸が豊富な全身保湿クリーム。 伸びがよくてベタつかないので使いやすいです。 無香料、無着色で低刺激なので顔にも身体にも使えます。

アトピタ ベビーローション 120ml  乳液タイプ

かさかさになってしまった赤ちゃんの肌にぴったりの乳液タイプ。 保湿成分のよもぎエキスと尿素が配合されていて、べたつかないのに肌をしっとりと整えてくれます。

アロベビー ミルクローション 150ml

成分の99%がオーガニック成分になっているローション。 ホホバオイルやシアバターを配合しているので、角質に潤いを与えてくれるので、しっかりと保湿ができます。

ママ&キッズ ベビーミルキーローション 150ml

皮膚科医の協力のもと開発されたスキンケアシリーズです。 胎脂や羊水に近いうるおい成分が含まれています。ローションタイプですが、肌を潤し、保護してくれるという働きがあります。

ピジョン 薬用ローション ももの葉 200ml

新生児から使える薬用のローション。とろみがあり、肌にすっと広がりますが、べたつかず、さらっとした使用感です。 弱酸性、低刺激なので、季節を問わず、長く使えます。

ヴェレダ カレンドラ ベビー ミルクローション 200ml

全身用の乳液タイプのローション。 保湿や肌荒れ防止の効果があるというか連ドラという植物を使っています。 つけると素早く肌に浸透するので、ベタつきもありません。

ベビーバーユマドンナ 25g

おむつかぶれやカサカサの口のまわりなど、すでにトラブルになっている肌にも使えます。 すべて食用成分なので、間違って赤ちゃんがなめてしまっても大丈夫です。クリームですが、さらっとしているので、全身に伸ばせます。

キュレル クリーム ジャー 90g

セラミドやユーカリエキスなど、湿成分が肌の角層の深部まで浸透するので、肌がしっとりなめらかになります。 消炎剤が入っているので、肌荒れもふせいでくれます。

ベビーワセリン(100g)

無香料、無着色ながら、保湿力がとても高いので、強い乾燥にぴったりです。 ただ、ベタベタする感じがあるので、体全体というよりはピンポイントで使用するのがおすすめです。

まとめ

汗っかきの赤ちゃんでも、意外と皮脂が少なく、肌が乾燥しやすくなります。
新生児からきちんと保湿をしているとアトピー性皮膚炎の予防に役立つとも言われています。
こまめに保湿をして、赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています