ベビーシャンプーはいつから使う?保湿もできるオススメの8選を紹介

ベビーシャンプーといっても、全身を洗える「ベビーソープ」と「髪専用」のシャンプーがありますよね。「髪の毛がゴワゴワしてきたのは季節のせい?」などとお悩みのママもいるのでは? 髪の毛が増えてきたら髪専用へ替えどき! 今回は保湿ができる髪専用のベビーシャンプーをご紹介します。

保湿もできるおすすめベビーシャンプー8選

敏感な赤ちゃんの頭皮に使える、低刺激なシャンプーをご紹介します。
とはいえ、少しずつ使ってみて、お子さんに合っているかどうか確認をしたいものですね。

ピジョン/ベビー泡シャンプー

赤ちゃんの胎脂に着目し、これに似たセラミド2などの保湿成分を配合しています。赤ちゃんの肌に合わせた弱酸性で、泡切れもよく、目にもしみにくいところが特徴のひとつ。きめ細かいわふわの泡が汚れを落とし、乾燥しがちな赤ちゃんの髪をしっかり保湿してくれます。

レビュー
のアイコン画像
赤ちゃんの頃から、こちらの商品を使っていまして、2歳になったのでピジョンのコンディショニング泡シャンプーに切り替えましたが、頭皮にかゆみが出たので、またこちらのシャンプーにもどってきました。かゆみは改善。指どおりは、やはりコンディショニング泡シャンプーのほうが良かったです。

和光堂/ミルふわ ベビ―シャンプー 髪用 泡タイプ

母乳にも含まれ、保湿効果がある成分であるオリゴ糖、リン脂質、セラミド、イノシトールが配合されています。クリーミーな泡が頭皮に潤いを与えて、きしまずに健康的な髪にしてくれます。

レビュー
のアイコン画像
1 乳児用に購入した
2 これまで全身用で髪まで洗っていたが、臭いが取れずに困っていた。これはシャンプーだけあって、髪の臭いもきちんと落ちる。

ママ&キッズ/ベビーヘアシャンプー

赤ちゃんを守る羊水に含まれる8種のアミノ酸を配合しているので、敏感な赤ちゃんの肌にも最適。リンス成分は入っていないのに、細くてからまりやすい赤ちゃんの髪もしっとり仕上がります。泡切れも早く、目や口に入っても大丈夫というのが嬉しいところ。

レビュー
のアイコン画像
【ダメージケア】肌が弱い息子。こちらを使ってからトラブルなしです。
【しっとり】しっとりできしみません!
【サラサラ】乾かすとさらさら。もつれません!
【ツヤ】これを使って他のを使うとツヤの違いが分かります。
【香り】匂いなしです。ほとんどなしと言った方がいいかな。
【その他】本当に良いシャンプーだと思います。コストパフォーマンスも悪くないと思います。泡立ちも良く、洗い上がりもとても気に入っています。
あと、あまり目にしみないタイプですっ!!! 一度、手に泡がついたまま目をこすりましたが、泣きませんでした。

丹平製薬/アトピタ 保湿頭皮シャンプー 泡タイプ

泡切れがよく、洗浄成分が残りにくい「低付着洗浄処方」を採用。すすぎ残しによる肌トラブルを未然に防いでくれます。よもぎエキスなどの天然成分やうるおい補給成分が頭皮の感想やかゆみを防ぎ、しっとり保湿してくれます。

レビュー
のアイコン画像
大人でも良いかと思って購入しました。アトピーでこれからの季節はカサつき、かゆみも出やすいので早めに対策です。さっぱりして肌荒れもしませんでした。

牛乳石鹸/キューピー ベビーシャンプー

地肌のうるおいを守るスクワランとシアバターが配合されているので乾燥をしっかりと防いでくれます。ふんわりときめ細かい泡で皮脂を落としすぎず、からまりやすい髪もサラサラに。泡切れもよく、目にもしみにくい弱酸性です。

レビュー
のアイコン画像
シャワーで流しやすく、目にしみにくいみたいで、娘が小さな頃から愛用しています。小さな赤ちゃんにオススメです。

ビーンスターク/薬用ヘアシャンプー

赤ちゃんは皮膚の弱い方のための低刺激性シャンプー。薬用ということもあり、ヒノキチオール成分が頭皮と髪を清潔に保ってくれ、すっきりとした洗い上がりになります。ふわふわの泡で髪を優しく洗え、潤いも与えてくれます。

レビュー
のアイコン画像
こちらの商品はシャンプーもボディーシャンプーもシリーズで使っています。赤ちゃんの時から息子に4年使用しています。使い心地もいいし、アトピー気味の肌にも合うようです。

オルナオーガニックベビー/ベビーシャンプー

優しい使い心地にこだわり、無添加でコラーゲンやセラミドなどの保湿成分を配合しているからしっとり。肌に刺激もないので新生児から使えます。肌トラブルを起こす前からのケアができそうですね。

レビュー
のアイコン画像
娘用に買ってみました。匂いもきつくなく、流す時の泡切れがよく、シャワーをかける時間が短くすむので助かります。

資生堂/2e(ドゥーエ)ベビープラス 泡シャンプー

低刺激にこだわったベビーシャンプーで、空気をたっぷり含んだきめ細かな泡が肌との摩擦を防ぐなどの刺激をおさえてくれます。医療用医薬品メーカーマルホと資生堂の技術でつくったやさしいシャンプーで病院なども推奨しています。

レビュー
のアイコン画像
3ヶ月の赤ちゃん用に購入しました。急に乾燥肌になって頭皮も皮がむけてかさかさになっていましたが、こちらのシャンプーを使うことでかさかさが改善されてきました。他のベビーシャンプーに比べて少々お高めですが、マルホと資生堂の開発商品で信頼しているので、乾燥しないように冬の間はこちらの商品を使い続けたいと思います。

ベビーシャンプーはいつから使う?

赤ちゃんによって髪の生える方や量が違うので、「○ケ月になったら」というような月齢による決まりはありません。
全身用のシャンプーは、泡切れの良さを重視しているため、髪の毛の量が増えてくるとパサつきが気になるようになります。
およそ次のような点が見られたら髪の毛用のベビーシャンプーに替えるタイミングになります。

・髪が増えて、からまる
・手触りがごわごわ、キシキシしてきた
・乾燥してかゆがる
・頭がにおう

髪の毛のケアが気になるようになったら、デリケートな赤ちゃんの頭皮や髪にあったシャンプーを使うようにしましょう。

ベビーシャンプーの選び方とは?

全身用を卒業し、いざ髪専用のシャンプーを使うとなっても、いろいろな種類があって迷いますよね。
ベビーシャンプーを選ぶ時には、どのような成分が入っているかに着目しましょう。
積極的に選びたいのは、「ヒアルロン酸」「セラミド」「シアバター」など保湿力が高い成分。生後3ケ月をすぎると皮脂分泌量が減ってしまい、とても乾燥しやすくなるからです。
一方で避けたいのは「ラウリル」や「硫酸」という文字の入った成分です。洗浄力は高いですが、刺激も強いので赤ちゃんにはおすすめできません。
できるだけ石油系の添加物を使っておらず、肌の保湿をしっかりしてくれるものを選ぶようにしましょう。

まとめ

髪専用のベビーシャンプーをご紹介してきました。
赤ちゃんの髪の毛の状態が気になるようになったら、ぜひ合ったものを選んであげたいですね。
ちなみに、「いつまで使えるの?」ということも気になると思いますが、肌な敏感なお子さんでなければ、一般的には3歳ごろをめどに切り替えるそうですよ。

 

あわせて読みたい

[kanren01 postid=”3690″]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています