妊娠中に骨盤ベルトは必要?産前から産後まで使えるオススメの骨盤ベルト6選

妊娠すると、出産に備えて骨盤が緩み、腰痛がおこります。さらに、お腹の赤ちゃんが大きくなってお腹が重くなると、骨盤や腰への負担は大きくなります。
そこで必要なのが骨盤ベルト。
今回は骨盤ベルトの効果とおすすめ商品をご紹介します。

妊娠中の女性

骨盤ベルトの役割とはどういうもの?

骨盤ベルトというのは、骨盤の緩みや歪みを矯正する器具のことです。
これをつけると、以下のような効果が期待できます。

腰痛の予防

骨盤を支えると、腰回りの筋肉への負荷が軽くなります。
すでに腰痛になってしまっている場合も改善できますし、予防にもなります。

恥骨痛の改善

妊娠をすると足の付け根に違和感を覚えることが多いです。この原因も骨盤の緩み。
ベルトをつけると、こういったトラブルにも役立ちます。

産後の体型崩れの防止

出産で骨盤が緩んでも徐々に閉じていくものですが、ほうっておくと歪みが生じたままになってしまいます。ベルトでサポートしておくことで、骨盤が元の位置に戻りやすくなります。

骨盤ベルトの使い方4つのポイント

骨盤ベルトは、産前から産後まで長く使えるものです。
選び方や使い方のポイントをご紹介します。

体にあったものを

メーカーによって品質が違うので、体にあったものを使いましょう。
体に合わないと痛みの原因になったりもします。
妊娠中から使えるものなので、信頼のおけるものを選びましょう。

正しく使う

骨盤ベルトは矯正するものなので、つける位置がとても大切です。
説明書をよく読んで、正確につけるようにしましょう。

きつくしめつけない

特に妊娠中はお腹をきつくしめつけてはダメです。
骨盤を支えるように、付け方を工夫しましょう。

素材を選ぶ

柔軟性があり、肌触りのいいものを選びましょう。
妊娠中は肌トラブルも多いので、気をつけましょう。

骨盤ベルトおすすめの6選

(ワコール)Wacoal (マタニティ)MATERNITY 産前 産後 骨盤ベルト ズレにくい LL

データをもとに開発された、産前も産後も長く使える骨盤ベルト。
通気性がよく蒸れにくいウレタンを使用していて、肌ざわりもやさしくソフトなつけ心地です。

妊娠中も出産後も M・Lサイズ 犬印 なが〜く使えるマタニティベルト HB8149 産前 産後 【犬印本舗】 骨盤・腰痛対策インナー 骨盤ベルト 05P03Dec16

妊娠5ヶ月を過ぎたあたりから付けられるベルト。ローチェアテープなので、簡単にサポート調節ができます。クロス構造になっているので重なり部分がもたつきません。

妊婦 トコちゃんベルト 2 LLサイズ 【白色】

医学的に検証された骨盤支持ベルト。日々ゆがんでいく骨盤や筋肉を整えてくれるので、安心です。

妊婦帯 腹帯 骨盤ベルト マタニティベルト マジックテープ 妊婦 Plaisiureux

マジックテープ式なので、自分にあったサイズで調整できます。お腹の成長に合わせて締め付け具合を変えられるので便利。メッシュ素材なので通気性も抜群です。

kerata 妊婦帯 マタニティーベルト 腹帯 産前産後 ダブルベルト 骨盤サポート

ダブルベルトなので締め付け具合の調節がしやすく、体にフィット。
お腹の部分は起毛素材で暖かく、背中はメッシュ素材で通気性も抜群です。

妊婦帯 骨盤ベルト マタニティベルト 腹帯(ピンク)

フリーサイズなので産前から産後まで使えます。
メッシュ素材で通気性がいいので、むれにくく、1年中快適に使えます。
冷房対策にもぴったり。

まとめ

妊娠をすると骨盤がゆるみはじめるので、腰痛にならないよう骨盤ベルトをつけるようにしましょう。
産前も産後も骨盤のケアは大切なので、一つ用意しておくといいですね。
自分にあった骨盤ベルトを見つけてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています