妊活中の強い味方!おすすめの妊活サプリメントは?おすすめ8選をご紹介

妊活……というと、食事療法やライフスタイルの改善というイメージがあるかと思います。
しかし、食事に注意するだけでなくサプリメントを活用して妊活に向き合う方が増えています。サプリには食事でまかなえない栄養が詰まっていて、不足しがちな栄養を摂取できるからです。
今回は、妊活サプリの効果について、そして、おすすめのサプリをご紹介します。

妊活サプリとはどういうもの? 

妊活サプリといっても、ピンとこないかもしれません。
そもそも妊活サプリとはどういうものなのでしょうか?
妊活サプリとは、妊娠するのに必要な栄養を含むサプリのことです。
妊娠を希望される方はぜひ摂取することをオススメします。

妊活サプリの代表的なものといえば葉酸です。
葉酸は赤ちゃんの脳や神経が正常に発育するために必要な栄養素です。赤ちゃんの脳や神経の元は妊娠6週目頃には完成するので、妊娠が分かる前から葉酸を摂取しておく必要があります。この頃に葉酸が不足していると、二分脊椎や無脳症などの先天性疾患を引き起こすこともあります。
葉酸は厚生労働省がサプリメントで初めて一般消費者に摂取を進めている栄養素としても有名で、妊娠を望んでいる、または、妊娠している方に対して、1日400μgの葉酸の摂取を推奨しています。

妊活サプリはいつからいつまで飲めばいいの?

厚生労働省によると、葉酸は妊娠の1−3ヶ月前から飲みはじめることが望ましいとされています。また、その後も少なくとも妊娠3ヶ月までの摂取を推奨しています。
つまり、できるだけ妊娠を望んだ段階から飲むことで、妊娠1ヶ月時点で体内の葉酸濃度を高めておきましょう。

妊活に必要な栄養素とは?

妊活用と言われているサプリはいろいろあります。
妊活時期に特に重要と言われている栄養素についてまとめてみました。

①葉酸

葉酸は、特に妊娠初期にDNAなどの合成や赤血球の形成に重要な働きをする栄養素です。この時期には赤ちゃんの脳や神経、心臓など、体のあらゆるものが発達します。この時期に葉酸が不足すると、二分脊椎や無脳症などの神経管閉鎖障害を発症する可能性が高まります。
葉酸はほうれん草や、レバー、ブロッコリー、など野菜を中心とした葉物に多く含まれています。しかし、加熱調理の際に多くは栄養が逃げてしまうため、サプリなどで補うとよいと言われています。

②ビタミンD

ビタミンDは、卵子を成熟させたり、着床をサポートしたり、赤ちゃんを授かりやすくする働きがあります。ビタミンDが不足すると、排卵障害が起こ流可能性があります。そして、妊娠・授乳期のお母さんのビタミンD濃度が、小児期や思春期の成長にも関係すると言われています。
ビタミンDは魚介類や卵に多く含まれます。また、日光を浴びることでも皮膚で生成されますが、紫外線対策の影響で十分に生成できない場合もあります。

③鉄

鉄は、貧血を予防すると共に、子宮の粘膜を作ります。鉄が不足すると子宮内膜が薄くなって受精卵が着床しにくくなります。
女性は月経によって鉄分を失ったり、赤ちゃんができて多くの血液が必要になったりすると、貧血気味になりやすいのです。とはいえ、、摂りすぎも身体によくないので、ヘム鉄など肉などに含まれる天然の鉄を摂取するようにしましょう。

④亜鉛

亜鉛は、細胞の分裂や着床率に関係するホルモンなどの合成の手助けをしてくれます。男性にとっては元気な精子を作る上で欠かせない栄養素でもあり、不妊の原因の50%は男性側にあるとも言われます。夫婦で摂取したい栄養素です。

⑤ビタミンB

エネルギーの代謝に欠かせない栄養素で、激しいつわりなどで慢性的に不足すると、ウェルニッケ脳症という命に関わる状態を引き起こすこともあります。また、常位胎盤早期剥離の予防効果や血流促進による頭痛や腰痛の改善効果もあります。

⑥ビタミンC

鉄分の吸収を助けます。特に野菜類の鉄分はそのままでは吸収されないため、ビタミンCの助けを借りて体に取り込まれます。また、細胞間をつなぐコラーゲンを作り、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。

⑦カルシウム

赤ちゃんの骨格づくりに必要です。摂取量が足らないと、赤ちゃんに必要なカルシウムが妊婦の骨や歯から取られることになります。

⑧DHA-EPA

赤ちゃんの神経発達を促進し、お母さんの血液をさらさらにする効果があります。出産時の出血が多くなる危険性があるので、出産が近づく頃には摂取を控えましょう。

妊活サプリを選ぶ4つのポイント

妊活サプリはどのように選べばよいでしょうか。
ポイントを4つご紹介します。

複数の栄養素が含まれているもの

葉酸はビタミンBの一種ですが、実はビタミンB6やB12などと一緒に飲むと吸収率が上がるとされています。できるだけマルチビタミンタイプの、複数の栄養素が入ったものを選びましょう。

厚生労働省の推奨基準を満たしているもの

妊活〜妊娠初期の女性に、構成労働書が基準量を出しています。
品質や安全性の高物を選びましょう。

飲みやすいもの

粒の大きさや形によって飲みやすさが変わってきます。つわりの時期に飲み続けるものもあるので、できるだけ粒が小さく、においのないものにしましょう。

安全性の高いもの

原材料の受け入れから製造、出荷まで全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれているという「GMPマーク」があるか確認しましょう。

おすすめの妊活サプリ8選

マカナ 1袋  サプリ

葉酸の他に日本産マカ、鉄分など90種類以上の成分を配合したサプリ。マカは南米ペルー産の根菜類でビタミン類をはじめ、鉄分やカルシウム、必須アミノ酸が豊富に含まれています。男性には滋養強壮作用があり、女性にはホルモンバランス調整をサポートする役割があります。

葉酸 サプリ【エレビット公式(elevit)】60日分 鉄分

製薬会社の葉酸サプリで、たっぷり800㎍の葉酸を配合しています。また、必要なビタミン、B6・B12もバランスよく配合されているところが魅力。

美的ヌーボ プレミアム

美的ヌーボプレミアムは100%天然素材から抽出した栄養成分で配合されたサプリ。鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルに加えDHA・EPAも配合しています。

プレミン 妊活葉酸サプリ

妊活から授乳時期までのステージごとに必要な成分が違うという考え方から、段階ごとに3種類のサプリを使い分けています。「妊活中から妊娠3カ月まで」「妊娠4カ月から出産まで」「出産後の授乳時」ごとに分量が決まっているので、わかりやすいです。

葉酸サプリ ママニック

厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型葉酸を使用したサプリ。モノグルタミン酸型葉酸は吸収率が高く、推奨量を確実に摂ることができます。鉄分、カルシウム、23種類のビタミン、ミネラル、アミノ酸も併せて厳選し、バランスよく配合しています。

Mama Lula (ママルラ) 葉酸&鉄プラス

ママ経験者が多いファンケルだからこそ「本当に欲しい」葉酸サプリを開発。 妊娠前から出産後~授乳期まで必要な葉酸480㎍、の他、鉄や9種の必要な栄養素を配合しています。

ベルタ葉酸サプリ BELTA

ベルタ葉酸サプリは「酵母葉酸100%」。こちらの葉酸は酵母に含有させているため、成分がより長く体の中に留まってくれます。葉酸以外にも、鉄分、アミノ酸やカルシウムと、母体にも胎児にも必要な栄養素がバランス良く入っています。

mitas ミタス葉酸サプリ

妊活・妊娠中に必要な栄養素はもちろん、従来のものにはなかった和漢素材も配合されています。 成分も妊活〜妊娠初期の方にとって完成度の高い物で、ヘム鉄、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、乳酸菌、DHA/EPA、20種類以上のビタミン・ミネラル類があります。妊活専門の産婦人科医が全面監修、推奨してるサプリで、リピート率93%というからすごいですね。

まとめ

サプリメントは食事だけでは補えない栄養素を手軽に取り入れることができます。
葉酸をはじめ、いろいろな効果が期待できる栄養素の入ったものを選ぶようにしましょう。
お気に入りのサプリを見つけて、妊活に役立てましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています