【2021】子供がいても快適でおしゃれな暖房器具を使いたい!人気の10選

寒くなってくると大活躍する暖房器具。でも、いろいろな特徴のものがたくさん販売されていて、どれを買えばいいのか迷ってしまうと思います。それに、子供がいると、どうしても機能優先になりますよね。そこで今回はインテリアになじむおしゃれな暖房器具を、その機能とともにご紹介します。
暖房器具

温風を送る「ファンヒーター」

「ファンヒーター」というのは温風を送るタイプの暖房器具。石油ファンヒーター、ガスファンヒーター、セラミックヒーターなどがこれにあたります。

スタドラーフォーム Anna PTCファンヒーター

スイスで誕生したスタドラーフォーム社。スリムながらパワフル温風で部屋を暖めます。また、室内温度が設定温度になると自動的に電源が切れるというサーモスタットを搭載しているため、省エネにもつながります。

デロンギ セラミック ファンヒーター DCH6031J-BK

液晶パネルのように薄い形のファンヒーター。とても小型で女性でも片手で持てるほどですが、1350Wという高い出力を実現しています。また、本体が45度回転するので広範囲を暖められます。

ダイソン ファンヒーター hot+cool AM09 アイアン/サテンブルー

必要に応じて、広範囲に風を送るワイドモードとパワフルに風を届けるフォーカスモードを切り替えるジェットフォーカステクノロジーを搭載。すばやく均一に部屋を暖めてくれます。一年中、出しておけるので便利ですね。

立ち上がりの早い「遠赤外線ヒーター」

いわゆる電気ストーブタイプ。立ち上がりが早く、すぐに暖かくなります。でも、近くにいないと温かさを感じないことも。ハロゲンヒーターやカーボンヒーターなども同じです。

【LLOYD GRANDE】 conpact 電気式薪ストーブ・ハートフォード hartford

スイッチは扉の内側になり、炎のゆらめきが忠実に再現されているので、暖炉の雰囲気を壊すことがありません。どっしりと重たいので、うっかり倒してしまう心配もないですね。

サクラクレパス限定コラボ 電気ストーブ 遠赤 コイズミ

遠赤外線ヒーターの中でも上位といっていい、すぐ暖まるグラファイトヒーター。サクラクレパスとのコラボデザインがかわいいですね。倒れると電源が切れるようになっているので安心です。

トヨトミ レインボーストーブ RL-250(R) レッド

ランタン型のデザインがインテリアになじみます。点火はつまみを回すだけなので、ヒーター切れの心配もありません。天板が熱くなるので、お子さんが触らないように注意して。

静かで空気を汚さない「オイルヒーター」

オイルヒーターは油を加熱し、循環させることで放熱する器具。ガスや燃料を使わないため、空気を汚さず、静かですが、部屋全体が暖まるまでは時間を要します。

デロンギ(DeLonghi) ドラゴンデジタル スマート オイルヒーター

じんわりと部屋が暖かくなり、肌ものども乾燥しにくいのが特徴。チャイルドロックもついていて、やけどしにくい安全モデルというところも嬉しいですね。

ユーレックス  オイルラジエーターヒーター LFX8BH-IW

日本で唯一のオイルヒーター専門メーカーのユーレックス。静かで臭わず、乾燥しないなど嬉しいポイントがたくさん。チャイルドロックや転倒時自動電源オフなどの安全機能もあります。表示パネルもわかりやすいところが魅力。

DBK オイルヒーター DRC121 タオルハンガー付 ドイツ製

世界で初めてオイルヒーターを開発したドイツDBK社。24時間タイマーが15分刻みでついていて自由に設定できます。匂いもなく音も静かなので赤ちゃんのいる部屋にぴったりです。

新しい方式を採用した次世代タイプ

今までのジャンルには入らない新しいタイプの暖房器具。高価格ではありますが、快適さは期待できそう。

オイルヒーター デロンギ DeLonghi マルチダイナミックヒーター 【10〜13畳用】「空気がキレイ」「乾燥しない」「燃料補充が不要」「安全性」「部屋を一定温度に保つ」「呼吸音よりも静か」「すぐに暖まる速暖性」ピュアホワイト+マットブラック MDHU15-BK

秒単位、0.5度単位での繊細な温度調節で一定の温度を保持してくれるオートアダプティブテクノロジー搭載。オイルヒーターなどと比べて立ち上がり時間が早く、経済的な究極のヒーターといえるでしょう。

まとめ

せっかく部屋をきれいにしても、それを台無しにしかねない家電。でも、デザインや色がおしゃれだと、すっとなじみますね。最近は、安全性に配慮したものもたくさん出ているので、子供がいても諦めずに好みのお部屋を作っていきたいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています