子ども用の傘の選び方&かわいくて安全なおすすめ5選!

雨の日はできるだけ子連れで外出したくありませんが・・・子どもは「外に出たい!」と言うこともありますよね。
通園・通学や、お買い物の際に駐車場から移動するときなど、雨の日でも外に出なければならない場面は意外に多いもの。ある程度の距離を移動する場合はレインコートを着せればOKですが、それでも傘は必要ですし、ちょっとだけの移動ならレインコートは着ずに傘を差すほうが便利ですよね。
子どもを大人の傘に一緒に入れてあげるのもいいですが、ある程度の年齢になったら、きちんと自分で持てる傘を用意してあげましょう。

そこで注意しておきたいのが傘の選び方。
子どもでもきちんと持てる形状で、サイズも身長に合ったものを選ぶ必要があります。さらに、機能性や見た目はもちろん、子どもに持たせるものなので安全性も重視したいですよね。
そこで今回は、子どもに安心して持たせられる、おしゃれな傘をご紹介します!

子ども用傘のサイズはどう選ぶ?

子ども用の傘にはいろいろなサイズがありますが、基本的には年齢ではなく身長に合わせたものを選ぶのがいいでしょう。
傘によっては「身長100㎝前後」などと目安が記載されていることもありますが、記載されていないこともあるので以下の表を参考にしてみてください。
ちなみに、サイズ表記は傘の弧を描く部分をさす「親骨」の長さであることが多いです。サイズを確認する時は、「全体の長さ」なのか「親骨」の長さなのかチェックしてくださいね。

子どもの傘のサイズ早見表

傘のサイズ 対応身長 年齢の目安
40㎝ 85㎝~100㎝ 2歳~3歳
45㎝ 90㎝~105㎝ 2歳~3歳
47㎝ 95㎝~110㎝ 3歳~4歳
50㎝ 105㎝~120㎝ 5歳~6歳
53㎝ 115㎝~130㎝ 6歳~8歳
55㎝ 120㎝~140㎝ 7歳~9歳

子ども用傘の選び方5つのポイント

子どもの傘を選ぶ際にチェックしておきたいポイントを5つご紹介します!

ポイント①透明窓がついている

どうしても前が見づらくなるので転んでしまったり、何かにぶつかったりして危険です。できれば透明窓がついているものを選んであげましょう。

ポイント②デザインや色は派手なものを

雨の日は視界も悪くなります。車の運転席からはもちろん、周囲からも認識されやすいように目立つ色を選びましょう。暗闇で光る反射素材が縫い付けられた傘もありますよ。また、持ち手の形も握りやすいものに。

ポイント③丈夫な骨組み

子どもだと丁寧に扱うのが難しいですよね。また、風の強い日など簡単に壊れてしまうこともあります。できればグラスファイバーなど丈夫な素材で出来たものを選びましょう。

ポイント④小さい子には深めのドーム状がオススメ

傘が浅めの形状だと、どうしても横から雨が入ってきて濡れやすくなります。ある程度の年齢に達していれば上手に傘も差せるので大丈夫ですが、2歳~4歳くらいのお子さんの場合はドーム状で横から雨が入らず濡れにくいものがオススメです。

ポイント⑤重すぎず、軽すぎず

同じメーカーでも持ち手の太さや骨組の太さによって重さが変わります。いくら気に入ったデザインでも重いと持ちにくいですよね。参考までに、子ども傘の重さの目安は200g~350gくらいと言われています。

子ども用傘オススメ5選

上記のポイントをふまえ、オススメの傘をピックアップしてご紹介します。
お子さんに傘を購入してあげたいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

サイズ展開・柄が豊富なキッズ傘

価格:1,900円(税抜)

とってもおしゃれな柄が全部で17種類!透明窓も付いていて安心!安全ストッパーなども付いているので手を挟むこともなく、しっかりとした造りになっているのにコスパもいい傘です。サイズも3展開なので兄弟でお揃いも可能!また、同じ柄の別アイテムもあるので全身コーディネートをすることもできます。

こちらで紹介しているアイテムは女の子傘ですが、男の子用にも同様のおしゃれな傘があるのでチェックしてみてください!

レビュー

のアイコン画像
新1年生の娘に購入しました。ピンクのユニコーン55センチを買いました。持ち手もキャンディの用に柄があって可愛いかったです。開閉も簡単にできました。満足です。

小さいお子さんにもオススメ!全面透明傘

価格:2,160円(税込)

全面が透明になっていて、小さいお子さんでも前方確認がしやすい!おしゃれで子どもウケもいいはらぺこあおむしのデザインも魅力的です。また、深めの形状になっているので、うまく傘がさせない小さいお子さんでも濡れにくいというメリットがあります。

レビュー

のアイコン画像
全部透明で子供の視界を遮らないのがとてもありがたい。なかなか全部透明な傘はないです。傘を持ち始めるもともと視界の狭い3歳前後に良いのではないでしょうか。

濡れにくい!女の子におすすめの45㎝傘

価格:1,000円(税込)

透明窓の部分が大きめなので安心ですし、かわいいデザインがたくさん。さらに深めで濡れにくい形状になっているのもうれしいですね!機能面を重視して傘を選びたいという方にオススメです!同ブランドで男の子向けデザインのアイテムもあるので要チェックです!

レビュー

のアイコン画像
市販のだと、だいたい誰かと被るのでネットで探しました。柄や色は写真通り、緑の持ち手が華やかなアクセントになっています。傘もドーム型なので、子供がどんな風にさしても、ちゃんとカバーされるし、骨の先端も下向きになるので、周りに差してしまう心配がなく、柄や機能とも満足しています!

男の子にオススメのカッコイイ傘

価格:2,000円(税抜)

男の子にはかっこいい傘を選んであげたい・・・!そんなママ・パパにオススメなのがコンバースの傘。透明窓も付いているので安全性の面でも高評価。骨組みは軽いのに丈夫なグラスファイバーなので、つい傘で遊んでしまう男の子にも安心して持たせられます。

レビュー

のアイコン画像
昼間に注文したら翌日に届いて、あまりの速さにビックリしました!
誕生日当日に間に合ったのですごく嬉しかったです。
ありがとうございます。

広めの透明窓で安心の折りたたみ傘

価格:1,998円(税込)

小学生になったら持たせておきたいのが折りたたみ傘。突然の雨にも対応できるように1本は用意してあげたいですよね。でも低学年など小さいお子さんの場合は、まだまだ傘を差して長期間歩かせるのは心配。この傘はしっかりと広めに透明窓となる部分がついていて、前方確認ができるので安全です。生地には反射テープも付いているので少し暗くなっても安心ですね。

レビュー

のアイコン画像
小学1年生になる息子にブルーを購入しました。まだ使用していませんが、折りたたみ傘で前が見えるタイプがなかなかなくて、しかも反射テープや名前が書けるプレートも傘に付いていました。子供には折りたたみ傘は難しいですが、この傘は簡単にできるので不器用な息子でもたためました。強いて言うなら傘袋にも名前を記入できるところがあれば嬉しいです。

まとめ

子ども用の傘を買う際は、デザインはもちろん、安全性や使い勝手も重視したいですよね。梅雨の時期はもちろん、年中使うアイテムなのでしっかり選んであげましょう!
今回ご紹介したサイズや選び方のポイント、おすすめの傘も参考にしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

こちらの記事も読まれています