赤ちゃんの洗濯洗剤おすすめ10選!大人と一緒に洗うのはいつから?

生まれたばかりの赤ちゃんの洗濯物って、大人と分けて洗った方が良いの?と悩んでしまうママは多いですよね。今回はそんなママのために、赤ちゃん用の洗濯洗剤の選び方や、大人と赤ちゃんで洗濯物を分ける必要があるのかについてご紹介していきます。
洗濯する親子

洗剤って赤ちゃん用と分ける必要あるの?

洗濯物通常、大人用として使用される洗濯洗剤には、汚れをおとすために香料や界面活性剤、蛍光増白剤などの添加物が多く使われています。

この添加物が服に残っていると、赤ちゃんの肌を刺激してしまい、肌荒れを起こしたり、湿疹ができてしまったりすることがあります。

そのためデリケートな肌の赤ちゃんを強い刺激から守るために、洗濯洗剤を大人用と赤ちゃん用とで分けているというママが多いのです。特に一人目の育児だと洗濯洗剤は分けなければいけないと考えている方もいますが、肌質によって、必ずそうしなければいけないというわけではありませんので、赤ちゃんに合わせた洗濯の仕方を選ぶようにしましょう。

赤ちゃん用の洗濯洗剤って何?

赤ちゃん用洗濯洗剤って何?赤ちゃん用の洗濯洗剤は、通常の洗剤よりも香料や界面活性剤を抑えたものが多いです。これは汚れを落とすための強い成分が、赤ちゃんの肌の刺激になることがあると考えられているためですね。

大人用だと白く仕上げるための成分や、汚れをしっかりと落とす成分が使われているものを選びたくなるものです。
仕上がりがふわふわになったり、干した後もいい匂いが続くなどの洗剤も魅力的ですよね。

でも、特に蛍光増白剤などはしっかりとすすぎをしても落ちにくいので、赤ちゃんにとってはそれらの成分が強い刺激になることもあるのです。そのため、赤ちゃん用の洗剤は、天然の成分を使い、アレルゲンの原因になるような成分を入れずに作っているのです。

赤ちゃん用洗濯洗剤っていつまで使うの?

洗濯物と子供新生児用の下着や、お店などで購入する服には少量の糊が付いていることがあります。少しであっても、この糊が赤ちゃんの肌を刺激してしまうおそれがあるので、初めて着る前には一度、水通しをするようにしましょう。

水通しの場合は基本的に洗剤は使わずに洗います。もし、水だけだと本当に糊が残っていないか気になるという場合は、赤ちゃん用の洗剤を使ってもいいでしょう。

赤ちゃん用の洗濯洗剤をいつまで使うのかに関しては、明確に決められているわけではありません。ですから、1ヶ月で大人用と一緒に洗濯するママもいれば、1歳を過ぎてから別々に洗うのを止めたというママもいます。

ただ赤ちゃんの肌質がわからないうちは赤ちゃん用の洗濯洗剤を使った方が安全なので、1~3ヶ月くらいまでは赤ちゃん用洗剤を使用するのがおすすめです。

赤ちゃん用洗濯洗剤の選び方

子供と洗濯機

赤ちゃんに危険な成分って?

赤ちゃんのものは大人用の洗濯洗剤で洗わない方がいいと言われる原因は、「界面活性剤」と「蛍光増白剤」の二つが主に挙げられます。

界面活性剤

汚れを落とす役目を持つ成分ですが、たんぱく質を溶かす性質を持っているので、赤ちゃんの肌には刺激が強すぎると言われています。大人の皮脂などをしっかり落としてくれる効果はありますが、生まれたての赤ちゃんの衣類洗濯には必要ないと言っても良いでしょう。

蛍光増白剤

衣類を白くする効果を持っている成分ですが、水のすすぎだけでは落ちにくく、肌荒れの原因となることも多いと言われています。赤ちゃん用の洗濯洗剤には、ほとんど使われることはありません。

できればこの二つが使われていないものや極力少ないものを選ぶのが、赤ちゃん用の洗濯洗剤の選び方として気を付けたいポイントです。
食べこぼしやオムツ汚れなどが気になる時は赤ちゃんのものだけ洗うようにするなど、汚れの種類によって洗い方や使い方を変えてみるのもいいですね。

あわせて読みたい

[kanren01 postid=”12289″]

合成洗剤と石鹸洗剤の違い

洗濯洗剤には大きく分けて合成洗剤と石鹸洗剤の2種類があります。赤ちゃんのものの洗濯には石鹸洗剤が良いと言われていますが、これって本当なのでしょうか?

合成洗剤

合成洗剤は石油を原料として作られる洗剤です。溶けやすく、きれいに洗いあがり、石鹸洗剤と比べると使い方も簡単で誰でも簡単に使用できるというメリットがあります。

その反面、界面活性剤の洗い残しがあったり、分解されにくい成分でできていたりするなどのデメリットもあります。

石鹸洗剤

天然の油脂とアルカリを使用して作られる洗剤です。洗浄力が高く、天然の成分で作られているので赤ちゃんの肌にも安心して使うことができます。

しかし石鹸カスが残りやすく、洗濯の仕方を間違うと洗濯層がカビだらけになるころも。石鹸洗剤を使用する際は、泡立てる、30℃程度のお湯を使うなどの使い方をしっかりと守るようにしましょう。

このように、合成洗剤、石鹸洗剤それぞれにメリットやデメリットがあります。
実際に買う時は、成分表の上の「品名」に注目してみてください。合成洗剤の場合は「洗濯用合成洗剤」、石鹸洗剤の場合は「洗濯用せっけん」と表示されているので、どちらがご自分に合っているか、比べてみるのもいいですね。

おすすめの赤ちゃん用洗濯洗剤

さらさ/P&G

蛍光剤や着色料無添加の衣類用洗剤です。高活性オーガニック酵素が配合されていて、すみずみまで汚れをしっかりと落としてくれます。
皮膚科医監修のもと、肌テストを行っているのもポイント。さらっとしているの柔らかい洗い上がりが好評です。

エコベール/エコベール

ウールやシルクなどのおしゃれ着用洗剤として使われる洗濯洗剤ですが、シリコーン、溶剤、酵素、蛍光増白剤、着色料が無配合となっているので、赤ちゃんの肌着用などにも使用できます。
ナチュラルなラベンダーの香りも、人気の理由の一つです。

arau/サラヤ

ヤシから生まれたせっけん成分を使用しているので、肌に優しく汚れはしっかり落としてくれる洗濯洗剤です。無香料、無着色、保存料無添加をうたっているので、赤ちゃんにも安心して使用することができますね。

ハッピーエレファント/サラヤ

ラベンダー&ティーツリーの天然精油が配合されている洗濯洗剤です。洗浄成分は植物原料を100%使用し、石油系界面活性剤、蛍光剤、漂白剤、着色料などは無配合となっています。こちらの洗濯洗剤を家族全員分の洗濯で使っている方も多いようですね。

ベビーの肌着洗いせっけん/ミヨシ

赤ちゃんの肌着洗いのためにつくられた、お肌に優しい無添加石けん洗剤です。液体洗剤なので溶け残る心配もなく、香料不使用なので赤ちゃんの敏感肌にも安心して使用できます。柔軟剤を使用しなくても衣類がゴワゴワしないのも、嬉しい魅力ですよね。

ベビーランドリー ピュア/ピジョン

赤ちゃんグッズで有名なピジョンが発売する赤ちゃん用の洗濯洗剤。無香料・無着色・無漂白剤・無リンなのに、うんちやミルクの汚れをすっきり落としてくれます。
洗い上がりもごわつきがなく、ふんわりしているところが魅力です。

スノールベビー/シャボン玉石けん

アボカドオイルを使用しているため、柔軟剤を使わなくてもふんわり柔らかい洗い上がりに。だから、赤ちゃんの肌や口に直接触れる衣類の洗濯にはぴったりです。肌にやさしいので、手洗いにもおすすめ。

ベビーファーファ/NSファーファ

香料や着色料、防腐剤無添加で、洗浄成分の70%以上に石けんを使っています。それでいて、石けんカスは出にくく、高い洗浄力! ミルク由来の天然保湿成分(セラミド)を配合しているため、ふんわりと柔らかい仕上げになります。デリケートな赤ちゃんの肌にも優しいのが嬉しいですね。

neobaby/ネオナチュラル

合成洗剤でもなく洗濯石鹸でもない、「第3のエコ洗剤」という商品。善玉菌酵素で汚れを分解するから、洗濯槽までピカピカになるのだとか。すすぎは1回、柔軟剤を使わなくてもごわつかないので、経済的。部屋干しをしても匂わないというのもポイントですね。

パジャン/ライトウェーブ

界面活性剤のほか、漂白剤やりんなども使っていないのに、汚れ落ちはドイツの調査機関によると、合成洗剤以上なんだそう。パジャンの主成分は「重曹」と「炭酸塩」だから、環境にもよく安全です。泡がたたず、すすぎも1回でいいので、節約にもなりますね。赤ちゃん用ではなく、家族で使ってもよさそうです。

洗たくベビーマグちゃん/宮本製作所

どうしても洗剤類を使いたくないというママにはコレ! 洗濯物と一緒にいれるだけで、マグネシウムで作られた水素水で洗います。皮脂汚れや匂い成分をしっかり分解するから、除菌効果もあるのです。約1年間、繰り返して使えるのでお財布にも優しいですね。

まとめ

まとめ
今回は赤ちゃん用の洗濯洗剤の選び方や、おすすめ洗剤についてご紹介させて頂きました。赤ちゃんの肌のことを考えると、洗濯洗剤ひとつにもこだわりたいというママは多いはず。ママの負担にならない程度に、赤ちゃんに合った洗剤を選んであげてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています