花粉症に有効な「舌下免疫療法」とは?舌下免疫療法の治療法と注意点をご紹介

春は多くの日本人にとって憂鬱な季節。花粉症だとお花見や行楽を思いきり楽しむこともできません。毎年マスクが手放せない、アレルギー薬を大量に飲まなくてはいけない、そんな状況をどうにかしたいなら「舌下免疫療法」を試してみませんか?「舌下免疫療法」は体質改善によって花粉症の症状を改善することができます。こちらでは「舌下免疫療法」の治療法や注意事項について詳しくご紹介します。

「舌下免疫療法」とは?

舌下免疫療法とは、体をアレルゲンに慣らすことで花粉症の症状を和らげる体質改善による治療法です。一方、私たちが通常行っている薬物療法は、アレルギー薬などを服用することで症状を引き起こす物質(ヒスタミンなど)の作用を抑制させます。薬物療法は薬をやめれば効果はなくなりますが、舌下免疫療法の場合花粉症が根治することもあります。現在、日本で治療が可能な舌下免疫療法はスギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎に限られます。ただし、両方同時に治療を行うことはできません。

舌下免疫療法の治療法

舌下免疫療法の治療では、治療薬を定められた時間の間舌の下に置き、その後飲み込みます。約5分間はうがいや飲食はできません。薬は無味無臭のもの、または甘い味のものを選ぶことができます。

初回の投与は病院で行い、その後は自宅で行うことができます。一日一回少量からスタートし、その後は定められた量を投与します。治療は2年~5年続ける必要があります。

舌下免疫療法のメリット

  • 自宅で手軽にできる
  • 注射に比べて副作用が少ない
  • 痛みがない
  • アレルギー薬などの薬を減量できる

「舌下免疫療法」の治療時期や治療期間など

どこでできる?

舌下免疫療法はすべての医療機関で行っているわけではありません。あらかじめ確認のうえ、病院やクリニックに相談してください。

いつからできる?

舌下免疫療法は花粉が飛び始める3か月以上前から治療を開始する必要がありますので、6月~11月までが理想です。遅くても12月までに治療を開始しましょう。また花粉が飛んでいる間は体がアレルゲンに対し過敏になっているので治療を開始することはできません。

治療期間は?

舌下免疫療法の治療期間は2年~5年、根治を目指すのであれば4年~5年の治療が必要となります。治療をやめて効果が弱まった場合には再度治療を開始することで再び効果を感じることができます。

何歳からできる?

舌下免疫療法の治療は、以前は12歳以上を対象としていましたが、2018年以降12歳未満でも治療ができるようになりました。きちんと薬を投与するために5歳以上が望ましいと言われています。

治療費は?

子供の場合、自治体によっては医療費が無料なので治療費はかかりません。大人では、毎月の受診料+薬代は2000円~3000円。また治療開始前および一年に一度検査を受ける必要があるので、別途検査費用が必要となります。

「舌下免疫療法」の効果は?

気になる舌下免疫療法の効果ですが、残念ながら治療を受けたすべての人が根治するというわけではありません。約20%の人が根治し、明らかな改善が見られた人が約30%。正しく治療を行うことで全体の約80%の人がそれなりの効果を感じ、治療成果に満足しています。

舌下免疫療法はおもにくしゃみや鼻水、目のかゆみなどに効果があります。また根治しなくても、症状を緩和しアレルギー薬などの薬を減量することができます。効果はその年の花粉の飛散量によっても左右されます。飛散量が多ければ効果が弱まることも考えられます。

「舌下免疫療法」の注意点は?

舌下免疫療法にはいくつか注意点があります。舌下免疫療法はアレルゲンを投与するので、アレルギー反応が起こす危険性があります。口の中や唇の腫れやかゆみ、のどや鼻の痛みやかゆみ、頭痛などをはじめ、アナフィラキシーショックなど重篤な副作用を引き起こすことがありますので子供の場合はとくに注意深く治療を進める必要があります。

まとめ

以上が舌下免疫療法のご紹介です。毎年重度の花粉症に悩まされている人は試してみる価値はありそうです。毎日の薬の投与は面倒ですが慣れるとそれほどでもないという意見も。数年という治療期間は長く感じますが、人生はそれよりずっと長いので花粉症が改善されれば春のレジャーを心から楽しむことができますね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらの記事も読まれています